私たちのめざすもの

私たちのめざすもの


   ディーセント・ワークとは「働く人々と家族が健康で安全な生活を送ることができ、子どもたちが学校へ行き、安心した老後が送れる、仕事である。適正な収入を得られることはもとよりのこと、働く人々の権利が守られ、社会的対話に参加できる、そういう仕事。それを人々が得ること」です。生協労連は、すべての労働者のディーセント・ワークの実現をめざします。


憲法を国民生活のあらゆる分野に活かし、みんなが幸せになれる社会を創ろう
無法の戦争のために多くの犠牲者を生み出しているイラクやアフガンの事態は、戦争では何も解決できないし、新たな憎しみの負の連鎖しか生み出さないことをいっそう明確にしています。日本は「すべての紛争は話し合いで解決しよう」という憲法9条を持っています。この憲法9条の立場で日本は国際的な役割を果たすべき時代にきています。
私たちは日本国憲法を「活憲」(生かす、活用する)の立場で、平和のうちに生きる権利とみんなが幸せになれる持続可能な社会の確立をめざすたたかいに全力を上げます。 

最低賃金は、企業がこれ以下の賃金で労働者を雇用してはいけない、と、法律(最低賃金法)で定めた賃金額のことです。生協労連はかねてから、世界的にも大変低い日本の最低賃金の大幅な引き上げをめざして運動をおこなっています。

餃子問題を契機として提起された食の安全の確立にむけてのとりくみ、
食料自給率向上と食の安定供給の問題を労働組合及び一人ひとりの問題として考え、とりくみをすすめます。
「TPP~知ってる?恐ろしい話」
TPP(環太平洋経済連携協定)って何?についてお答えします。まずは知る事から

「あなたの職場の救急箱  労働安全衛生ハンドブック 生協労連版」ができました!

  2007 年の第96 回ILO総会では、「持続可能な開発に向けたディーセント・ワーク」の実現にむけてのとりくみの一環として、「グリーン・ジョブ構想」が提起されました。ILO は、このとりくみの推進によって、「環境に優しいグリーン・ジョブは、排出量を削減しつつ幅広い成長基盤に寄与することで、気候変動、雇用、所得、貧困削減の間に建設的なつながりを構築します」としています。生協労連としてもこれを積極的に受け止め、その推進の具体化をめざします。


ページトップへ戻る

お問い合わせ

全国生協労働組合連合会 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-9 南部ビル3F

TEL 03-3408-0067FAX 03-3408-8955 お問い合わせ